通信制高校

通信制高校

「どこの高校に行くか決めた?」

これは受験シーズンによく聞かれる言葉だ。
しかも日本だけではなく、世界中で。

中学卒業後、地元の公立高校や私立高校に進学するのが一般的な選択だろう。
少し特殊だとしても、せいぜい高専や専門学校だ。

皆知っているはずなのに、殆ど選ばれることのない選択肢がある。
それが、通信制高校だ。

時間の束縛は極端に少なく、自由がある。
学費も格段に抑えられる。

通信高校を選ばない理由は何だろう?

ふらふらしているイメージがあるから。
就職に不利だから。
友達ができないから。
部活がないから。

それって本当だろうか?

一緒に考えてみよう。

通信科学技術学園高等学校(通信制課)を例に、通信高校の世界をのぞいてみましょう。
ここは通信高校だけど、3種類の学習スタイルが用意されており、通信と通学のハイブリット学習も可能になっている。
一口に通信高校と言っても、学校によって様々なスタイルがある。
よく、若くから活躍しているプロのスポーツ選手や、芸能人も通信高校に通っている。

本当にふらふらしているのだろうか?
本当に就職に不利だろうか?

そんなことはないと思うな。

高校の勉強をしながら、他にも大きなことにチャレンジできる環境は素晴らしい。
友達もできる。
部活もできる。

コースはこんな感じ。

●eラーニングコース
eラーニングコースの学習は、普段はインターネットを利用して学習し、レポート作成に取り組みます。
そのなかで、登校しなければならない日数は1年間(前期・後期)合わせて数日です。
これは、周りの高校生と比べるととてもゆとりのあるスケジュールです。eラーニングコースで学ぶ皆さんたちは、この“ゆとり”を自分の夢のために活用しています。それぞれ自分の将来の夢を実現するために、ある人はスポーツに、ある人は芸術・芸能活動に熱中しています。

●通学クラス(2dayタイプ)
通学クラス(2dayタイプ)には平日クラスと日曜クラスがあります。
平日クラスは週1日もしくは、2日、日曜クラスは月に1日登校し、単位修得・卒業を目指すコースです。仕事をしながら学習したい方、外部の活動をしながら学習したい方に合ったコースです。
登校の日数は少ないですが、充実したスクーリングを大切に、自分の生活スタイルにあった自分だけの活動を組み立てることができます。

●通学クラス(全日タイプ)
通学クラスは、週5日の通学を基本とする学習クラスです。
一般にイメージする学校と全く同様に毎日の学習指導を受けることができます。
行事や特別活動も充実していて、高校生活をエンジョイすることもできる上、学力アップにも最適なクラスです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。